News Home » Entertainment » ダイキンと東大発ベンチャー、エアコンのサブスク事業で合弁 アフリカなどに展開へ

Around the World

ダイキンと東大発ベンチャー、エアコンのサブスク事業で合弁 アフリカなどに展開へ

ダイキン工業が、東大発ベンチャーのWASSHAと合弁会社「Baridi Baridi」を設立。エアコンのサブスクリプションの事業化と、アフリカなど空調が普及していない地域での展開を狙う。資本金は1億円で、出資比率はダイキン工業が80%、WASSHAが20%。

 ダイキン工業は6月16日、東大発ベンチャーのWASSHAと合弁会社「Baridi Baridi」を設立したと発表した。エアコンのサブスクリプションサービスを事業化し、アフリカなど空調が普及していない地域で展開する予定。資本金は1億円で、出資比率はダイキン工業が80%、WASSHAが20%。2021年度のサービス開始を目指す。

 Baridiは、東アフリカで使われるスワヒリ語で「冷やす」という意味。サブスクは、エアコンを割安な価格で民家に設置し、ユーザーが日/週/月ごとの料金をスマートフォンで支払うと、一定期間の利用を認める仕組みを予定する。決済システムはWASSHA、スマホとエアコンを連携するシステムはダイキンの技術を用いて開発する。

photo ダイキン工業、東大発ベンチャーのWASSHAと合弁会社「Baridi Baridi」設立

 当初はタンザニアでサービスを展開し、将来はアフリカの他、空調設備が整っていない東南アジアなどでの普及も視野に入れる。ただし、エアコンの普及率などの理由から日本での提供は「考えていない」(ダイキン工業広報)という。

 両社は19年11月~20年2月に、エアコンのサブスクの事業性を検証する実証実験をタンザニアで実施。その結果、同国ではインバーターのついていない省エネ性の低いエアコンが普及している他、修理技術が未成熟なため、ユーザーが高額な電気代や故障に悩んでいることが分かったという。

 そこで両社は、耐久性と省エネ性に優れたインバーターつきエアコンをタンザニアに普及させることで、ユーザーの課題を解決できると判断。事業化の見込みもあると考え、合弁会社の設立を決めたという。

関連記事

関連リンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.