News Home » Others » JR東日本、グループ店舗でオリジナルエコバッグ配布 レジ袋有料化前に - TRAICY(トライシー)

Around the World

JR東日本、グループ店舗でオリジナルエコバッグ配布 レジ袋有料化前に - TRAICY(トライシー)

2020年6月10日 水曜日 12:41 PM 佐藤 正晃(編集部)

JR東日本は、小売店のレジ袋が7月1日から有料義務化されるのを前に、6月16日から駅ビル・エキナカ施設等で一定金額以上の買い物をした人を対象に、オリジナルエコバッグを配布する。

エコバッグはJR東日本とアウトドアメーカーのスノーピーク、リサイクル開発を行う日本環境設計の3社が共同で企画し、ペットボトルから再生した生地を使用して制作した。カラーはキャメルとカーキの2種類で、計50万個を用意。店舗によって配布するカラーが異なる。

配布箇所はNewDaysや駅弁屋祭、紀ノ國屋など、プラスチックレジ袋を提供するJR東日本グループ21社の一部店舗など。実施店舗ではポスターやデジタルサイネージ等を掲示する。