News Home » Others » JR東海、駅・車内防犯カメラの監視体制強化 指令所から直接車内放送も可能に - TRAICY(トライシー)

Around the World

JR東海、駅・車内防犯カメラの監視体制強化 指令所から直接車内放送も可能に - TRAICY(トライシー)

2020年5月30日 土曜日 7:40 PM 佐藤 正晃(編集部)

JR東海は5月29日、東海道新幹線全17駅の防犯カメラ画像を24時間体制で一元的に監視できる管理センターを開所した。異常発生時、迅速に対応できる体制を整えることで、セキュリティ向上を図る。

管理センターは24時間体制で稼働。新幹線の運行を管理する指令所ともネットワーク化して情報共有することで、異常発生時に迅速な対応が可能になる。非常時には、画像を警察に伝送することも可能とし、より迅速かつ適切な初動対応を行う体制を整える。

このほか3月からは、列車内の防犯カメラと指令所のネットワーク化も開始した。車内で非常ボタンが扱われた際に、防犯カメラの画像を自動伝送する。指令所から当該車両の乗客に向けて直接車内放送をするなど、より迅速かつ適切な初動対応も可能になる。これらにより、非常時には乗務員が避難・誘導等の対応に専念できるような体制が整うという。工事の完了は9月を予定している。