News Home » Technology » SpotifyがMy Libraryの制限廃止、楽曲やアルバム、ポッドキャストを無制限に保存可能に

Around the World

SpotifyがMy Libraryの制限廃止、楽曲やアルバム、ポッドキャストを無制限に保存可能に

Spotify(スポティファイ)は米国時間5月26日の朝、アプリの「My Library」のコンテンツ制限を廃止し、ユーザーが楽曲やアルバム、ポッドキャストをお気に入りのコレクションに無制限に保存できるようになったと発表した。この変更は、2014年以来のヘビーユーザーの不満に対応するもので、Spotifyのコミュニティアイデア交換フォーラムでこれまで1万2500票以上を獲得していた。

平均的なユーザーは数百曲か数千曲しか保存していないかもしれないが、一部にはより大きなライブラリを好むユーザーもいる。しかしこれまで、Spotifyは3つのデバイス間で1万アイテムまでという制限を課していた。この制限に到達すると、「壮大なコレクションにより、My Libraryにはもう空きがない。もっと保存するには、いくつかの曲やアルバムを削除する必要がある」というメッセージが表示されていた。

この問題は、例えばシャッフルでコレクションを再生するのが好きな人や、カスタムプレイリストを作成するために自分の好きな音楽を1つのインターフェイスで見るのが好きな人に影響を与えた。残念ながら、プレイリストの1万曲までという制限が残っているため、自分の音楽コレクション全体をプレイリストにしてストリーミングしたり、友達と共有したりすることはまだできない。

また、Spotifyのオフラインダウンロードに関する制限にも変更はない。ユーザーは、オフラインで聴くために5つの異なるデバイスにまたがって1万曲しかダウンロードできない。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)が大流行していた時期には、多くの人が電車や地下鉄の中などでWi-Fiや携帯電話が利用できない状態で通勤することがなくなったため、これはあまり問題にはならない。また、オフラインアクセスが便利な機内での利用者も減っている。

その代わりに今回の制限の撤廃は、楽曲やアルバム、ポッドキャストを「いいね!」するべきかどうかの不安を取り除くことにつながる。これはSpotifyがポッドキャストを拡大したことで、ユーザーが「いいね!」できるアイテムの種類が増え、ライブラリをより早く埋めることができるようになった現在、より差し迫った問題となっていた。

ライブラリへの変更はiOS、Android、デスクトップ、ウェブ版のすべてに現在展開されていると、Spotifyは明かしている。お手元の環境でも、いずれ確認できるはずだ。

関連記事:Spotify、複数人で音楽を楽しむ「グループセッション」正式発表

Category:ネットサービス

Tag:Spotify 音楽

原文へ

(翻訳:塚本直樹 Twitter

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう