News Home » Technology » Facebookがインドの女性のために他者を簡単にロックアウトできる安全機能をリリース

Around the World

Facebookがインドの女性のために他者を簡単にロックアウトできる安全機能をリリース

Facebook(フェイスブック)はインド国内で新しい安全機能を導入した。ユーザーは自分のアカウントを簡単にロックすることができるため、プラットフォーム上で友達ではない人が投稿を見たり、プロフィール画像やカバー写真を拡大したりダウンロードしたりすることができなくなる。

同社によれば、この機能は特に女性を対象にしていて、Facebook体験をより細かく管理できるようにするものだという。「インドの人々、特に女性たちがオンラインプロフィールの保護について懸念を抱いていることを私たちは深く認識しています」と声明で述べたのは、Facebookインドの公共施策責任者のAnkhi Das(アンキ・ダス)氏だ。

同社によれば、プロファイルをロックするために、数回のタップだけで、複数の既存のプライバシー設定といくつかの新しい対策が、ユーザーのFacebookプロファイルに適用されるという。ユーザーがアカウントをロックすると、友達(Facebookの友達)ではないユーザーは、写真や投稿(過去のものも新しいものも)を表示できなくなり、プロフィール写真やカバー写真のズームイン、共有、ダウンロードができなくなる。

「私たちは若い女性たちから、オンラインで共有することをためらっていること、誰かが自分の情報を悪用しているという考えに怯えていることをよく耳にします。Facebookがそうした心配について学び、彼女たちが望む体験を与えることができる製品を構築する努力をしているのを知って、私はとても幸せです。この新しい安全機能は、女性、特に若い女性に対して、自分を自由に表現する機会を与えてくれるでしょう」と声明で語るのは、ニューデリーに拠点を置く女性擁護グループ「Centre for Social Research」(社会調査センター)のRanjana Kumari,(ランジャナ・クマリ)氏だ。

ユーザーは、自分の名前の下にある「…」をタップし、その中にある「Lock Profile」ボタンと、直後に表示される確認ボタンをタップすることで、アカウントをロックすることができる。

米国時間5月21日の発表に先立ってFacebookの広報担当者は「この機能はすでにバングラデシュのユーザーが利用できるようになっていた」とTechCrunchに語った。

新機能は、Facebookが2017年にインドで実施した、なりすましとの闘いに対する取り組みの延長線上にあるようだ。当時に導入されたProfile Picture Guard(プロフィールピクチャーガード)と呼ばれる機能は、ユーザーが自分のプロフィール写真を、友達や友達リストに含まれていない人が拡大したり、共有したりできないようにするものだった。

原文へ

(翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう