News Home » Technology » シンガポール政府系VCがロジとサプライチェーン向けファンドを立ち上げ

Around the World

シンガポール政府系VCがロジとサプライチェーン向けファンドを立ち上げ

シンガポールの政府系ファンドであるTemasek(テマセク)とグローバルロジスティック企業のKuehne + NagelのジョイントベンチャーであるReefknot Investmentsは(リーフノット・インベストメント)は9月4日、ロジスティックとサプライチェーンのスタートアップ向けに、5000万ドルのファンドの設立を発表した。Reefknotはシンガポール拠点だが、投資先としてはシリーズAかBラウンドを行っている世界中の企業が対象となる。

執行取締役のMarc Dragon(マーク・ドラゴン)氏はTechCrunchに対し、対象企業にTemasekやKuehne + Nagelに加えてEDBIやSGInnovate、Atlantic Bridge、Vertex Ventures、PSA unBoXed、Unilever Foundry、NUS Enterpriseといったパートナーへの橋渡しを行うなど、Reefknotは戦略的投資家のような働きをすると語った。

サプライチェーンとロジスティック業界のベテランであるドラゴン氏は、Reefknotがスタートアップ6〜8社に投資する計画だと話した。特に、AIやディープマインドテック、そしてサプライチェーンデータの分析や貿易取引のファイナンスリスク管理のための予測などに伴う問題を解決するのに貿易ファイナンスを活用している企業に関心がある。Gartnerのデータでは、グローバルサプライチェーン企業のおおよそ半分が2023年までにAIや高度な分析、オペレーションにおけるIoTを活用することが示されている。

「ベンダーからはかなりの期待が寄せられている。というのも、分析やプラニングを行う新たなメソッド、そしてサプライチェーン中に流れる情報やプロダクト、素材、商品に関してより大きな視界がひらけてくることが予想されるからだ」とドラゴン氏は語る。

Reefknotはまた、産業専門家や政府組織と一緒になってフォーラムや研究、スタートアップが実行できる新ロジスティックとサプライチェーンビジネスモデルの開拓などを行うシンクタンクも立ち上げる予定だ。

画像クレジット:yoh4nn / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう